お知らせ

1.

研究室見学常時行っております。

本学1年生~4年生、大学院生、外部の方、どなたでもお気軽にお越しください。

教員が不在の際は院生が対応いたします。

---

研究室:17号館612号室

実験室:17号館612・614号室

TEL☎:0463-58-1211 (内線3740)

2.

研究室メンバー募集中!

​卒業研究生、大学院生、研究員を募集しています。一緒に「化学」を楽しみませんか?

東海大学:学部3年生へ・・・

研究室配属にお悩みの皆さん。

生命有機化学を主軸とする当研究室はいかがでしょうか?

さらなる詳細は以下をクリック!

NCA (Native Chain assembly)による​インスリンの合成法を動画で!

新着情報

1. 我々の論文記事(DOI: 10.1002/asia.202000682)が雑誌の表紙を飾りました!

研究論文「Basic Amino Acid Conjugates of 1,2-Diselenan-4-amine with Protein Disulfide Isomerase-like Functions as a Manipulator of Protein Quality Control」(Chem Asian J. 2020, 15, 2646–2652)を象徴するグラフィックが雑誌の表紙を飾りました!(2020年8月)

 

2. 当研究室の研究成果がChemistry-An Asian JournalにV.I.P.として受理されました。

当研究室を卒業した塚越俊介さん  (2020年3月卒業、修士)および三神瑠美さん (B4)の研究論文「Basic amino acid conjugates of 1,2‐diselenan‐4‐amine with protein disulfide isomerase‐like functions as a manipulator of protein quality control」​がChemistry-An Asian Journal (Wily)にV.I.P.(Very Important Paper)として受理されました。この論文では、当研究室で合成した環状ジセレニド化合物の塩基性アミノ酸(ヒスチジンなど)接合体が、タンパク質の立体構造形成を促す酵素であるタンパク質ジスルフィド異性化酵素(PDI)と同様の触媒活性を示すことを明らかにしました。さらに合成した化合物は、タンパク質の構造化不全によって引き起こされる凝集体(タンパク質の沈殿物)形成の抑制にも効果を発揮することを明らかにしました。タンパク質の凝集体形成に起因する疾患への応用などが期待されます。(2020年7月)

​DOI: 10.1002/asia.202000682

 

Protein disulfide isomerase-like compound: Catalytic efficiencies of 1,2-diselenan-4-amine for cysteinyl redox reactions related to protein folding/unfolding in the endoplasmic reticulum are enhanced only by conjugating basic amino acids. In addition, these synthetic compounds, especially histidine-conjugated one, also show high suppression capability against protein aggregation even at a low concertation of the compounds.

3. 我々の論文記事(DOI: org/10.1002/chem.201902230)が雑誌のCoverを飾りました!

研究論文「Modeling Thioredoxin Reductase-like Activity Using Cyclic Selenenyl Sulfides: Participation of an NH...Se Hydrogen Bond through Stabilization of the Mixed Se–S Intermediate」(Chem.Eur.J.2019,25,12751–12760)を象徴するグラフィックが雑誌の表紙を飾りました!(2019年7月)

 

4. 我々の論文記事(DOI: 10.1039/C9CY00562E)が雑誌の裏表紙絵を飾りました!

研究論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathione peroxidase-like activity for purification-free synthesis of highly pure organodisulfides」(Catal. Sci. Technol., 2019, 9, 3647–3655)を象徴するグラフィックが雑誌の裏表紙を飾りました!(2019年7月)

 

5.当研究室の研究成果がChemistry-A European Journalに受理されました。

荒井講師と岩岡道夫先生(東海大・理化)が主導した研究論文Modeling Thioredoxin Reductase-like Activity Using Cyclic Selenenyl Sulfides: Participation of an NH...Se Hydrogen Bond through Stabilization of the Mixed Se–S Intermediate」がChemistry European Journal に受理されました。本成果はGovindasamy Mugesh先生(IISc, India)との共同研究によるものです。(2019年6月)

6.8th Workshop of the SeS Redox & Catalysis Networkにて招待講演を行いました。 

​2019年5月30日~6月1日の日程でイタリア、ペルージャで開催された8th International Workshop of the SeS Redox & Catalysis Network (WSeS-8)にて荒井堅太講師が招待講演を行いました。

Title: Synthesis and applications of water-soluble organochalcogen compounds as an oxidoreductase mimic

講演日:2019年5月31日

7. 当研究室の研究成果がCatalysis Science & Technologyに受理されました。

当研究室を卒業した大坂 侑意さん  (2019年3月卒業、修士)、羽田 将弘さん (2019年3月卒業、学士)佐藤 友海さん (2019年3月卒業、学士)が主導した研究論文「Cyclic telluride reagents with remarkable glutathione peroxidase-like activity for purification-free synthesis of highly pure organodisulfides」がCatalysis Science & Technology (Royal Society of Chemistry)に受理されました。この論文では、当研究室で合成した環状テルリド化合物が抗酸化酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼ様の活性を示すことを明らかにしました。さらにこれらの触媒とマイクロフロー法を組み合わせ、有機チオール(RSH)をジスルフィド(RSSR)へと迅速かつ定量的に変換する手法を開発しました。(2019年5月)

​DOI: 10.1039/C9CY00562E