top of page

What's new?​/お知らせ

2024年2月

お知らせ

当研究室所属の大学院生が日本学術振興会(JSPS)特別研究員として採用されました。

三神瑠美さん(D1)は、2024年度より特別研究員(DC2)として当研究室で引き続き自身の研究を進めてまいります。

2024年2月

学会

日本化学会年会に参加します。

日本化学会第104春季年会(2024)にて当研究室の学生が研究発表を行います。

会期:2024年3月18日(月)~21日(木)

会場:日本大学理工学部船橋キャンパス

2023年12月

お知らせ

当研究室所属の学生が学会講演賞を受賞しました。

第96回日本生化学大会で口頭とポスター発表を行った三神瑠美さん(D1)が優秀発表賞を受賞しました。

おめでとうございます!

発表タイトル「カルシウムイオンによって活性制御される酸化的タンパク質フォールディング触媒の開発と機能評価

2023年11月

論文

共同研究成果がCommunications Chemistry (Nature Research)に受理されました。

​東海大学のグループが主導した論文「Diselenide-bond replacement of the external disulfide-bond of insulin increases its oligomerization leading to sustained activity」 がCommun. Chem.に受理されました。本成果は、東北大学、大阪大学、横浜市立大学、韓国基礎科学支援研究院(KBSI)との共同成果です。

2023年11月

学会

日本生化学会大会会に参加しました。 

第96回日本生化学会大会会(2023)にて三神瑠美さん(D1)が口頭発表を行いました。 

  • 会期:2023年10月31日(火)~11月2日(木) 

  • 会場:福岡国際会議場・マリンメッセ福岡B館

メンバー募集

卒業研究配属先をお考えの学部生の皆さん、現在我々のグループでは研究メンバーを募集中です。
「生化学や有機化学に興味がある!」「とことん実験をしたい!」「誰もやったことのないことに挑戦したい!」「研究者になりたい!」そんな学生さんは是非我々のラボへ見学に来てください!

研究室見学常時行っております。

本学1年生~4年生、大学院生、外部の方、どなたでもお気軽にお越しください。

教員が不在の際は院生が対応いたします。

---

研究室・実験室:

先進生命科学研究所 3階

お越しの際は玄関のインターホンを鳴らしてください。

TEL☎:0463-58-1211 (内線3740)

論文/Selected Publications

Kenta Arai*, Haruka Toba, Nozomi Yamamoto, Mao Ito, Rumi Mikami

Modeling Type-1 Iodothyronine Deiodinase with Peptide-Based Aliphatic Diselenides: Potential Role of Highly Conserved His and Cys Residues as a General Acid Catalyst.

Chemistry-A European Journal, 2023, 29, e202202387

(DOI: 10.1002/chem.202202387) (Selected as Hot Paper)

 

Rumi Mikami, Shunsuke Tsukagoshi, Yoshiki Oda, Kenta Arai*

S-Denitrosylase-like Activity of Cyclic Diselenides Conjugated with Xaa-His Dipeptide: Role of Proline Spacer as a Key Activity Booster.

ChemBioChem, 2022, e202100394.

(DOI: 10.1002/cbic.202100394) (Selected as front cover picture)

Shunsuke Tsukagoshi, Rumi Mikami, Kenta Arai*

Basic amino acid conjugates of 1,2‐diselenan‐4‐amine with protein disulfide isomerase‐like functions as a manipulator of protein quality control.

Chemistry-Asian Journal, 2020, 15, 2646–2652

(DOI: 10.1002/asia.202000682) (Selected as Very Important Paper and front cover picture)

Kenta Arai,* Yuui Osaka, Masahiro Haneda, Yuumi Sato

Cyclic telluride reagents with remarkable glutathione peroxidase-like activity for purification-free synthesis of highly pure organodisulfides.

Catalysis Science & Technology, 2019, 9, 3647-3655.

(DOI: 10.1039/C9CY00562E) (Selected as back-cover picture of the issue)

Kenta Arai, Takahiko Matsunaga, Haruhito Ueno, Nozomi Akahoshi, Yuumi Sato, Gaurango Chakrabarty, Govindasamy Mugesh*, Michio Iwaoka*

Modeling Thioredoxin Reductase-like Activity Using Cyclic Selenenyl Sulfides: Participation of an NH...Se Hydrogen Bond through Stabilization of the Mixed Se–S Intermediate.

Chemistry-A European Journal, 2019, 25,12751–12760.

(DOI: 10.1002/chem.201902230) (Selected as back-cover picture of the issue)

Kenta Arai†, Toshiki Takei†, Reina Shinozaki, Masato Noguchi, Shouta Fujisawa, Hidekazu Katayama, Luis Moroder, Setsuko Ando, Masaki Okumura, Kenji Inaba, Hironobu Hojo*, Michio Iwaoka*

Characterization and Optimization of Two-Chain Folding Pathways of Insulin via Native Chain Assembly.

Communications Chemistry, 2018, 1, Article number: 26.

(DOI: 10.1038/s42004-018-0024-0)

Kenta Arai†, Toshiki Takei†, Masaki Okumura†, Satoshi Watanabe†, Yuta Amagai, Yuya Asahina, Luis Moroder, Hironobu Hojo*, Kenji Inaba*, Michio Iwaoka*

Preparation of Selenoinsulin as a Long-Lasting Insulin Analog.

Angewandte Chemie International Edition, 2017, 56, 5522–5526.

(DOI: 10.1002/anie.201701654)

 

cbic202100558-toc-0001-m.webp
スライド1.PNG
裏表紙Te.PNG
CEJ.png
bottom of page